HOME » 家族支援事業えくぼ

家族支援事業えくぼ

家族支援事業えくぼ | 子どもの権利支援センターぱれっと

ひとりで悩まないで

みんな子育てに悩んでいます

子どもを持つことは幸せなこと..。誰もがそう言います。

でも、実際には、「子どもが言うことを聞かない」「育て方がわからない」「話せる友だちがいない」など、大きな精神的ストレスになっている場合も少なくないのです。そんなストレスで心の中がいっぱいになってしまうと、つい子どもに言ってはならないことを言ってしまう・・・思わず手が出てしまう・・・。

そういうことは、実は誰にも起こることなのです。

家族支援事業えくぼは、そんなあなたの心に寄りそいます。

I.家族再統合支援事業II(富山県委託事業)

家族再統合って何?

本来は、虐待により親子分離された家族を、再び一緒に生活できるようにしていくことを示していました。
ただ、最近は物理的な分離だけでなく、同居していても虐待により心が離れてしまっている、すれ違っているといった心理的分離状態から、コミュニケーションを復活させていくプロセスも、再統合と言われています。家族再統合とは、虐待の家庭の回復そのものであり、とても重要です。

民間で再統合支援事業をする目的は?

児童相談所などの公的機関が介入したケースでは、保護者との関係が難しくなり、介入した機関の支援を拒むことがあります。また、第3者である民間機関の方が相談しやすい、といった場合もあります。
「えくぼ」は、保護者の気持ちに寄り沿いながら、その家庭の問題を一緒に考えていきます。
ぱれっとは、富山県から家族再統合支援事業IIの委託を請け、平成18年度から児童虐待に関わる家族支援を行っています。

具体的に「 えくぼ 」って何をしてるの?

個別の保護者支援
保護者との定期的な面談や電話での支援をしています。
見守り機関調査
被虐待児を見守る機関(保育園や幼稚園、小中学校等)へ、定期的に対象児の近況確認の調査をしています。
保護者の集団での支援(ぐるーぷえくぼ)
強い育児不安や虐待の不安を抱えるお母さんたちのグループです。
心の中にたまった自分の気持ちを吐き出し、他の人の話を聴くことで、孤立感から解放される、お母さんが楽になるための場所。自助グループではなく、進行役が場の安全と安心を確保するためのルールを確認しながら進めていく「おしゃべり療法」です。
どんな人が対象?
  • 児童相談所から紹介の方
  • えくぼの支援が必要だと感じられた個人の方
  • 関係機関から紹介を受けた方

「 えくぼ 」ってどんな人たちが活動しているの?

家族支援事業部「チームえくぼ」・・・現在9名

 

相談員(臨床心理士・社会福祉士・心理カウンセラー等)・・・6名
コーディネーター・・・1名
スーパーバイザー・・・2名
   明橋大二(真生会富山病院心療内科部長)
   二木克明(弁護士、保護司)

II.その他の家族支援事業

「 えくぼ 」はこんな活動もしています!

委託事業の他にも、民間ならではの特色を生かして、いろいろな場面での児童虐待防止活動をすすめています。

 

1.児童虐待防止活動

要保護児童対策地域協議会への参加

高岡市、射水市の協議会委員として活動

 

全国の虐待防止民間活動との連携

日本子どもの虐待防止民間ネットワーク

日本子ども虐待防止学会

 

オレンジリボン運動の推進協力

オレンジリボン運動

 

2.親支援プログラム

家族支援事業えくぼ
新着情報・お知らせ

2012.09.28

ぐるーぷ えくぼ(2012年9月以降)のチラシができました!

ぐるーぷ えくぼ(2012年9月以降)のチラシができました!

ぐるーぷ えくぼは、子育ての悩みを語り合う、お母さんたちの交...

すべて見る

ほっとスマイル日記

2024/02/17

ランチ作り(お好み焼き)

こんにちは。先日のバレンタインイベントが明けてすぐではありますが、今日子ども達とランチでお好み焼...

2024/02/14

バレンタインチョコドー...

こんにちは。ほっとスマイルで水曜日に子ども達とチョコドーナツ作りをしました。チョコの元を作って型...

2024/01/22

隔月恒例お菓子作り(ク...

こんにちは。19日は隔月恒例のお菓子作りの日でした。今回は去年も1回やりましたがクッキーを子ども達と...

もっと見る

お問い合わせはこちら

ぱれっと応援団はこちら
ぱれっと応援団 ぱれっとでは皆様からの替助・寄付を受付けています。一口2,000円でぱれっと応援団へのご加入をよろしくお願いします。